対トルコ、関税を2倍に

 アメリカのトランプ大統領は、トルコがアメリカへ輸出する鉄鋼とアルミニウムの関税を2倍にすると表明しました。

 トルコの通貨「リラ」が対ドルで急落したことを理由にしていますが、両国の関係は最近冷え込んでおり、アメリカ人の牧師がトルコ政府によって不当な長期拘束を受けているとしてトランプ大統領は同国への大規模な制裁を課す意向を示していました。

 トルコの通貨がドルに対して安くなれば、トルコからアメリカへ輸出される製品に価格が下がり、アメリカ製品が価格競争力を失う事になります。そこで、関税を引き上げて対抗しようというわけですが、一連の輸入制限で事実上為替問題もその対象になった、と言う事です。

 トルコ政府は報復を辞さない構えを見せているものの、トルコがアメリカに対して行使できる報復措置がどの程度あるのか。

 トランプ政権はこれまでも、中国が為替を操作、意図的に自国の通貨を安くしてアメリカの経済にダメージを与えていると批判してきました。しかし、具体的に為替対策をしてきたのは今回が初めて。今後同様な動きが広がると、日本もターゲットにされる可能性があります。

栄和人氏、選手強化本部長を辞任

 日本レスリング協会の6日発表によると、同協会で選手強化本部長を務める栄和人(57)が辞任するそうです。

 女子レスリングでオリンピック4大会連続金メダルを獲得、国民栄誉賞も授与された伊調馨と、コーチの田南部力に栄氏が伊調選手への指導をやめさせようと圧力をかけ、従わなかった田南部氏を脅迫、伊調が練習拠点としていた施設に出入りさせないように圧力をかけたとする内部告発があった件です。

 栄氏も日本レスリング協会もパワーハラスメントについて否定。協会の倫理委員会が3人の弁護士からなる第三者機関を設置、4日までに聞き取り調査を終えて5日に報告書を提出していました。

 報告書では、栄氏の複数の言動についてパワーハラスメントとして認定。2010年に中国の広州で開催され、伊調選手が出場しなかったアジア大会の選手選考にも問題があったとしています。

 報告を受けて同協会は6日に開いた緊急理事会で栄強化本部長から提出された辞表が受理され、理事会後の会見で会長と幹部が謝罪しました。

 本人も協会も否定していたパワハラが、内部調査で認定され、栄氏が辞任することになりました。しかし、これで終わりではありません。この問題では内閣府に告発状が提出されており、内閣府でも調査を行っています。

中国でクリスマス行事禁止の動き

 中国で共産党員や公務員及びその家族に、クリスマス行事への参加を禁止する動きがあるそうです。

 中国共産党は元々宗教を否定、党員が宗教活動することを禁じています。特にクリスマスはキリスト教関連の行事であるため、文化侵略であるとして警戒していると言う事です。

 クリスマス禁止令は地方や大学にも広がっており、湖南省衡陽市では公安局が共産党員や公務員、その家族にクリスマス行事への不参加を要求。瀋陽薬科大学は一部の学生が”西側宗教の記念日”に喜んで参加していると批判、西側宗教文化への抵抗を呼びかけていると言う事です。

 中国共産党は中国の伝統文化や価値観等を広めるように促しているとかで、これも愛国教育の一環なのかもしれません。しかし、文化大革命で散々伝統文化を破壊、その継承者を処罰してきて今更感ありすぎです。

 地方の役人は中央への点数稼ぎのために取り組んでいるようですが、一般市民の反応は殆ど無く、街にはクリスマスツリーやイルミネーションが飾られているようです。

産後の抜け毛は気持次第

 今の私の年齢は、42歳で専業主婦をして日々を生活しています。出産が39歳の時でしたので高齢出産でした。そのためか、慣れない育児で今までの生活環境とは一転したのでストレスのせいかもしれませんが、気付いたら出産して3ヶ月後位には何だか頭部が薄くなりはじめていました。

 いつも髪を横に流していたのですが、生え際もすっかり地肌が見えるくらい薄くなってしまっていたのでとってもショックを受けました。それだけでも、見た目が疲れて見えるし年齢も凄く上に見られてしまいました。

 これまでの私は、自分で言うのもなんですがいつも実年齢より下に見られていたので、ショックを通り越して毎日が憂鬱な気分でかわいい子供もいるのに暗い表情をしていたかもしれません。

 高齢出産のため、子どもは1人と最初から決めていました。だから、自分の子どもはとっても可愛いので暗い表情をしていては駄目だと心機一転、心を入れ替える努力を少しずつ心がけました。やはり、気分の問題もかなり大きかったと思います。そう思えるようになってから気持ちが徐々にですが、軽くなっていきました。

 まず、なるべく家にずっといないように色々と子育て情報を検索して外出するようにしました。そうすると、知り合いも増えて話しもする人もできたので自分1人ではないんだと思えるようになり、髪のことなんてたいした問題じゃないと考えられるようになっていました。ファッションとして帽子をかぶるのも好きでしたので、おしゃれも楽しめるようになり髪の薄毛も隠せるので私としては一石二鳥でした。

 気持ちの切り替えだけではなく、髪に良いといわれるもので試せるものは試してみました。私は、飽き性なのであまり長続きはしませんでしたが、オーソドックスな海藻などを食べたり頭皮のマッサージをしてみたりチョットずつできることから実行していたので、気持ちもポジティブになりました。又、ヘアサロンに行った時に美容師の方に悩みを相談してみたりしてアドバイスをもらい家で気が向いた時に実行したりしていたおかげか出産後から半年位で、徐々に髪が生えてきて生え際も気にならなくなってきました。

 地肌の頭皮マッサージは、今でも思い出した時にするようにしています。子どもと一緒に入浴していると、やっぱり子ども優先なのであまり自分にかける時間はありません。そんな時は、リンスかトリートメントをする時についでに頭皮をマッサージしています。余裕があればお風呂上がりにもマッサージをします。血行がよくなり気持がいいのでリラックスすることが出来るし安眠できるのでオススメです。今現在の私は、気にすることなく髪もフサフサです。

 女 薄毛

ボクシング元世界王者を現行犯逮捕

 大阪府警布施署は2日、警察官が乗る自転車に運転する自動車を衝突させたとして、プロボクシングの元世界チャンピオン宮崎亮容疑者(29)を公務執行妨害の現行犯で逮捕したそうです。

 宮崎容疑者は、通行禁止の市道に自らが運転する乗用車で進入した所を警察官に停止させられましたが、直後に急発進の自転車に衝突させたと言う事です。

 宮崎亮は、高校2年の時にインターハイのフライ級で優勝。2007年、高校3年の12月にプロデビューしました。2009年に日本ライトフライ級チャンピオンに、2010年に東洋太平洋ライトフライ級チャンピオンのタイトルを獲得しました。

 そして2012年、世界戦初挑戦でWBA世界ミニマム級のタイトル獲得に成功。2度の防衛に成功しましたが、2013年にタイのファーラン・サックリン・ジュニアにKO負けしてタイトルを失い、2016年にWBA世界ライトフライ級タイトルマッチで田口良一に判定負けしたのを最後に現役を引退していました。

 宮崎容疑者は免許停止中で「無免許運転がばれるのが怖かった」と容疑を認めているそうです。

Yahoo!、遂に解体へ

 アメリカの通信大手「ベライゾン・コミュニケーションズ」の13日発表によると、ヤフー(アメリカ)が保有するネットなど中核事業の買収手続きを終えたそうです。

 ヤフーは1995年に創業した、IT企業の草分けでした。検索エンジンをはじめとしたポータルサイトを運営。200年には株価が最高で475ドルにまで達しましたが、グーグルやフェイスブック等の新興IT企業との競争で収益が悪化。2008年頃からリストラやCEOの交代が繰り返され、再建のための新事業の投資や経営戦略を見直しを行ったものの、いずれも功を奏しませんでした。

 2016年7月、ベライゾンがヤフーのポータルサイト、ニュース、電子メールサービス等の中核事業を約48億3000万ドルで買収することで合意。ヤフーは社名を「アルタバ」に変え、日本法人のヤフージャパンや中国のネット通販最大手アリババグループの株式を管理する投資会社になります。

 創業から僅か22年、一時はインターネットの世界をリードしていた企業でしたが、最後はあっけない幕切れでした。正にネットの世界は「dog year」です。

日本バドミントン協会、桃田賢斗の処分解除

 日本バドミントン協会は10日、無期限大会出場停止処分を受けているバドミントン男子の桃田賢斗(22)の処分を5月15日付で解除すると発表しました。

 桃田賢斗は元バドミントン日本代表で、2012年の世界ジュニア選手権で日本人として初めてシングルス優勝。2013年と2015年に全日本選手権優勝。世界バドミントン連盟の世界ランキング最高位は2位(2016年4月7日)でした。

 ところが、世界ランキング2位にランクされた正にその日、東京都内の違法カジノ店にて賭博をしていたことが判明。桃田は所属先のNTT東日本の調査に対して、自身が違法カジノ店に出入りしていた事と、同社所属の他の複数の選手もカジノ店に出入りしたことを認めました。

 日本バドミントン協会は緊急理事会を開き、日本代表選手指定を外し、無期限の競技会出場停止処分を下しました。リオデジャネイロ・オリンピックの代表が確実視されていた桃田でしたが、協会は桃田を推薦・派遣しないことを正式に決定したため、出場は出来ませんでした。

 処分解除を受けて桃田は会見を開き「これからは一社会人として責任ある行動をすると共に、人として成長しなければならないと強く感じた」と謝罪し、2020年の東京オリンピックへの意欲を語りました。

カルロス・ゴーン氏、日産の社長とCEOを退任

 日産自動車の23日発表によると、4日1日付でカルロス・ゴーン会長兼社長が最高経営責任者(CEO)と社長を退き、後任に西川広人(さいかわ・ひろと)共同CEOが就任するそうです。

 ゴーン氏は会長職にとどまり、グループのルノー(フランス)や三菱自動車とのアライアンスに専念できるようにするのが目的で、健康問題などに関連したものではないと言う事です。

 ゴーン氏はルノーの取締役会長兼最高経営責任者(CEO)で、三菱自動車会長兼最高経営責任者。またルノー・日産アライアンスの社長兼最高経営責任者(CEO)をも兼務しています。しかし、グループの2016年世界販売は996万1347台で、ここに約93万台の三菱自動車を傘下に加え、1千万台を超えるドイツのフォルクスワーゲンやトヨタ自動車に迫る巨大自動車グループとなったことでゴーン氏に権限が集中し、負担が増大していたことを受け、今回のトップ人事となったと言う事のようです。

 カルロス・ゴーン氏はレバノン人の両親を持ち、1954年3月9日にブラジルで生まれました。パリ国立高等鉱業学校を卒業後、フランス大手タイヤメーカーのミシュランに入社しました。18年間ミシュランに在籍し、業績を評価されてルノーに上席副社長としてスカウトされると同社の再建に貢献。1999年3月、当時経営危機に陥っていた日産自動車がルノーと資本提携すると、同社の最高執行責任者(COO)に就任、V字回復を達成しました。2003年にはフォーチュン誌から「アメリカ国外にいる10人の最強の事業家の一人」に選出しています。

 コストキラーの異名をとり、「日産リバイバルプラン」に基き短期間で経営再建を果たした手腕は見事と言うしかありません。後任の西川広人副会長は、購買畑を歩み、2005年に副社長に昇格したゴーン氏の「右腕」で、2016年には副会長に昇格、ゴーン氏が三菱自動車の会長に就くとともに日産の共同CEOとなっていました。

 シアクル

元横綱千代の富士、癌で逝く

 大相撲の元横綱「千代の富士」の九重親方が31日午後5時11分、膵臓がんのため亡くなったそうです。61歳でした。

 九重親方は昨年5月に還暦土俵入りを行った後に初期の膵臓癌が見つかり、手術をして相撲協会の職務に復帰していました。しかし、今年に入って転移が見つかり、手術はせずに放射線治療などを行っていたと言うことです。

 筋肉質の体と精悍な顔つきでウルフの愛称で呼ばれた千代の富士は、183cmで120kg台と小型力士の部類でしたが、速効相撲で横綱に上り詰め、優勝回数は31回を数えて「小さな大横綱」と呼ばれました。

 優勝回数31回は史上3位、通算1045勝は史上2位。得意の上手投げはウルフスペシャルと呼ばれ、1989年には大相撲では初の国民栄誉賞を受賞するなど、正に昭和を代表する国民的ヒーローでした。

 本人は癌が胃や肺に転移していることを漏らしていたそうですが、手術をしなかったということは、発見した時点で手遅れだったのでしょうか?。しかし、61歳とは余りにも早い。

フランスで非常事態宣言を3ヶ月延長

 フランスのニースで花火の見物客にトラックが突っ込み、84人の死者を出したテロ事件で、警察当局は容疑者はチュニジア出身の31歳の男だと明らかにしました。

 フランスでは昨年11月のパリ連続テロをきっかけに、捜索令状なしで家宅捜索や自宅軟禁を可能にする非常事態宣言を出していました。非常事態宣言はこれまでに3回延長され、その間に約3500カ所を家宅捜索、押収された武器は750点に上ります。しかし、その期限が26日に迫り、オランド大統領は延長しない方針を示していました。

 その矢先にこの起きた今回のテロで、大統領は非常事態宣言をさらに3カ月延長しました。

 犯人はチェニジアとフランスの2重国籍を保有していたという情報もありますが、動悸は依然不明です。犯人を知る人物は、特に宗教的な行動は無く、酒を飲み肉を食べるなど、イスラム教との関係も感じられなかったと話しています。

 一報を聞いて秋葉原の通り魔事件を思い出しました。ひょっとすると、ニースの事件も宗教や政治とは無関係なのかもしれません。