リニア、時速603キロ

 JR東海の発表によると、2027年開業を目指すリニア中央新幹線は21日、山梨リニア実験線(山梨県上野原市―笛吹市、42・8キロ)で行われた有人走行試験で、鉄道の世界最高速度となる時速603キロを記録したそうです。

 有人走行試験は7両編成の営業仕様車両「L0(エルゼロ)系」で午前10時頃に同社社員を乗せて開始され、午前10時48分にトンネル内で時速603キロに達し、その後10・8秒間にわたって時速600キロ以上で走行しました。

 今月16日には同じL0(エルゼロ)系の有人走行試験で、世界最高となる時速590キロを達成したばかりで、さらに記録を更新しました。同社は、ギネスブックに新記録として申請する予定だと言うことです。

 とうとう時速600キロ突破です。子供の頃、「リニアモーターカーが時速500キロで、東京-大阪間を1時間で結ぶ」と言われていましたが、その日がいよいよ12年後に迫ってきました。今から楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です