カルロス・ゴーン氏、日産の社長とCEOを退任

 日産自動車の23日発表によると、4日1日付でカルロス・ゴーン会長兼社長が最高経営責任者(CEO)と社長を退き、後任に西川広人(さいかわ・ひろと)共同CEOが就任するそうです。

 ゴーン氏は会長職にとどまり、グループのルノー(フランス)や三菱自動車とのアライアンスに専念できるようにするのが目的で、健康問題などに関連したものではないと言う事です。

 ゴーン氏はルノーの取締役会長兼最高経営責任者(CEO)で、三菱自動車会長兼最高経営責任者。またルノー・日産アライアンスの社長兼最高経営責任者(CEO)をも兼務しています。しかし、グループの2016年世界販売は996万1347台で、ここに約93万台の三菱自動車を傘下に加え、1千万台を超えるドイツのフォルクスワーゲンやトヨタ自動車に迫る巨大自動車グループとなったことでゴーン氏に権限が集中し、負担が増大していたことを受け、今回のトップ人事となったと言う事のようです。

 カルロス・ゴーン氏はレバノン人の両親を持ち、1954年3月9日にブラジルで生まれました。パリ国立高等鉱業学校を卒業後、フランス大手タイヤメーカーのミシュランに入社しました。18年間ミシュランに在籍し、業績を評価されてルノーに上席副社長としてスカウトされると同社の再建に貢献。1999年3月、当時経営危機に陥っていた日産自動車がルノーと資本提携すると、同社の最高執行責任者(COO)に就任、V字回復を達成しました。2003年にはフォーチュン誌から「アメリカ国外にいる10人の最強の事業家の一人」に選出しています。

 コストキラーの異名をとり、「日産リバイバルプラン」に基き短期間で経営再建を果たした手腕は見事と言うしかありません。後任の西川広人副会長は、購買畑を歩み、2005年に副社長に昇格したゴーン氏の「右腕」で、2016年には副会長に昇格、ゴーン氏が三菱自動車の会長に就くとともに日産の共同CEOとなっていました。

 シアクル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です