キャメロン首相、13日に辞任へ

 イギリスのキャメロン首相が13日に辞任すると発表しました。テリーザ・メイ内相が後任として保守党党首、および首相に就任する見通しです。

 イギリスの保守党ではキャメロン党首の後任を選ぶ投票でテリーザ・メイ内相とアンドレア・レッドソムエネルギー閣外相の2人が決選投票に進んでしました。ともに女性で、どちらが勝っても故マーガレット・サッチャーに続く女性首相の誕生でした。

 メイ内相はEU残留派で、国民投票の結果を尊重すると約束。一方のレッドソム閣外相は離脱派。この両者による決選投票が行われる予定でしたが、レッドソム閣外相が11日に選挙からの撤退を発表。メイ内相が無投票で当選していました。

 キャメロン首相は12日に最後の閣議を開き、13日に下院で最後の党首討論に臨んだ後、バッキンガム宮殿に赴いてエリザベス女王に辞任を申し出る事になります。

 今後2年以内と言われるイギリスのEU離脱の舵取りは、テリーザ・メイ内相に委ねられることになりました。