栄和人氏、選手強化本部長を辞任

 日本レスリング協会の6日発表によると、同協会で選手強化本部長を務める栄和人(57)が辞任するそうです。

 女子レスリングでオリンピック4大会連続金メダルを獲得、国民栄誉賞も授与された伊調馨と、コーチの田南部力に栄氏が伊調選手への指導をやめさせようと圧力をかけ、従わなかった田南部氏を脅迫、伊調が練習拠点としていた施設に出入りさせないように圧力をかけたとする内部告発があった件です。

 栄氏も日本レスリング協会もパワーハラスメントについて否定。協会の倫理委員会が3人の弁護士からなる第三者機関を設置、4日までに聞き取り調査を終えて5日に報告書を提出していました。

 報告書では、栄氏の複数の言動についてパワーハラスメントとして認定。2010年に中国の広州で開催され、伊調選手が出場しなかったアジア大会の選手選考にも問題があったとしています。

 報告を受けて同協会は6日に開いた緊急理事会で栄強化本部長から提出された辞表が受理され、理事会後の会見で会長と幹部が謝罪しました。

 本人も協会も否定していたパワハラが、内部調査で認定され、栄氏が辞任することになりました。しかし、これで終わりではありません。この問題では内閣府に告発状が提出されており、内閣府でも調査を行っています。